ACE OF EARTH 公式ブログ

ライトボディ化現象 第1プロセス開始時の作業について

第1プロセスの開始は認知から、約14日後に開始

改めて、ライトボディ化現象の第1プロセスからより詳しく書いて行きたいと思います。ライトボディ化現象とは、一定のコンデション調整が整われた時に、無限大が行う促進作用です。不要な要素を取り除きながら、目に見えない意識の領域を広げて行く事や、感覚機能等を向上させて行きます。そして、本来のご自身を蘇らせて、ご自身の持つ本来の輝きと言う、持ち合わせている能力を際立たせて行きます。際立たせて行く事は、心から満ち足りた思いを抱いて行きます。第1プロセスは、無限大が本来の人間が備わる機能を、携えて行く時が来た事を認知します。認知した時から、約14日後の就寝時に、特性の在るジンと言う恩恵のスピリットを、スピリットエネルギー体に付帯する作業を行います。

付帯作業のウォーク・インと言うネーミングについて

特性在る恩恵のスピリットを付帯する事を、英語ではウォーク・インと呼ばれています。ウォーク・インと言う言葉を、二十数年前にドイツに住む精度の高いチャネリング能力者に対して、ウォーク・インと言うネーミングでは無く、日本語では、特性を持つスピリットのエネルギー体を無限大から注ぐ行いが出来るのですと、最初にお応えした事が、「共に歩く」意味のネーミングが出来上がりました。ネーミングは、文化圏のスピリチュアル愛好家に広がり現在に至ります。宇宙の叡智では、独自に付けられたネーミングとその広がりを認知しています。

第1プロセス開始時の具体的な作業内容と現象

イエローマークは、第1プロセスの最初に作業のジンのスピリットエネルギーを放射する神のソウルポイント。

特性の在るスピリットを付帯する時の作業ですが、必ず就寝時に行われます。付帯作業は、体調が優れない時、精神的に落ち込んでいる時等は付帯しません。付帯作業は、1種の特性在る恩恵のスピリットのエネルギーを、人体に在る神のソウルポイント(画像のイエローマークの場所)に放射します。そのソウルポイントを通して、スピリットエネルギー体が、特性在る恩恵のスピリットエネルギーが覆い包みます。付帯が完了する迄の時間は5秒位です。

スピリットエネルギーが放射された後の約1~2分は、夢を見るかもしれません。それは、神のソウルポイントが、第2チャクラと第3チャクラの丁度中間にある腰仙関節に当たり、放射したスピリットエネルギーの影響を受けて、就寝中でも感覚機能は働いていますので、その時に感じ取った思いの夢を、見る事方がいるかもしれません。また、高熱が出たと感じる方もいるとも思います。ご自身のスピリットエネルギーが、付帯作業時に若干の共振作用をもたらす事で、スピリット自体が1℃前後上昇する事で熱を帯びます。

熱は7、8分前後で元の体温に戻りますが、ご自身のスピリットエネルギーは、生まれてから一度も共振する様な事は起こりませんので、初めての経験になり、反応が熱として現れた現象です。熱が出ない方は、プロモートを施された事が有る場合は、高波動に対して反応が少なくなりますので、殆ど現れない現象のひとつです。

参照として、画像のオレンジマークは、プランニングシートが刻み込まれたスピリットボディ体(エネルギー)が在る場所です。

ヴィーナスのスパイラルワークー知識「ライトボディ化現象」

 

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP