A.O.Eマサキタカコのアセンションブログ

今の時のサインは、ひとつの隠語。宇宙図書館は天空の刻み込み。星座のコンステレーション

高次元の今解き明かす、星座に込められている隠語

コンステレーションと言う意味については、解釈としては広い世界観としては人生、小さな世界観としては、今現実世界の布置を見ると、意識の世界の全体像が把握出来る意味で用いられていると思います。

コンステレーション(布置、星座)と言えば、星座です。創造主は、星座の意味を地球に住む人々にもたらして下ります。星座に込めた意味、そして星座全ての全体像として、創造主がもたらした事柄には隠語を含んでいる事が多いものです。そして、その隠語としての意味を解き明かす時期も、ほぼ決められています。

宇宙図書館とは天空の刻み込み

星座には、創造主がいくつかのメッセージサインを込めていますが、ひとつでは有りません。その意味を紐解く時期も有ります。

星座は、ひとつの恒星と言う星(布置)から全体像としての星座です。古い時代から、星座の意味は知られています。でも、ひとつでは有りません。宇宙図書館の一部が星座です。星座は、12星座全体の意味は「高次元に上昇」の意味を持ちます。宇宙図書館とは、アカシックレコードの意味ですがアカシックの持つ意味は、主に2通り有ります。ひとつは、人間ですと、転生の遍歴の全てですが、宇宙視点では創造の時からの全記録です。もうひとつの意味は天空です。宇宙図書館は、創造の時からの全記録と言う意味と、「天空の刻み込み」です。

高次元の今の時に、解き明かされるメッセージ

星座は、天空に刻み込んだメッセージサインです。高次元の今、星座の全体像の意味は、真のアセンションを意味しています。そして、星座を眺める時は、青い天空です。意味は、「高次元の今の時、高次元の意識次元を携えて、高波動に上昇した暁には、体を半分青に守護されながら、高波動を維持して行くだろう。」と言う意味を持ちます。

高次元の今とは、「高次元時代の日本の地」と言う意味です。今と言う字が、隠語は日本の意味を持ちますので、「日本の地を中心」と訳します。世界観では中心的な存在やポイントになる地点を表します。

そして、高次元の意識次元を携えて、高波動に上昇した暁とは、意識の領域、波動の高さも高次元領域と言う事になりますので、アセンションしている人となります。暁は、明確になるの意味ですので、アセンション者に対する明確になる地点は、「創造主がその準備が整った事を認知した時」が、明確な時ですので、その様に訳します。体を半分青に守護と言うのは、青は守護、叡智のエネルギーを無限大では表すカラーです。無限大との繋がりが深くなる事です。

宇宙図書館は、天空に刻み込み。そこに創造主の隠語が散りばめられている

星座の全体像は、高次元の時には、ライトボディ化現象に向う時としての意味を持ち、「日本の地を中心として、創造主の導きと知恵を授けられながら、望みを叶えて行くマカバを携えるライトボディ化現象に移行する時の刻み」を込めています。星座ひとつひとつの意味にも隠語は有りますが、全体像としてはアセンションを意味しています。

日本では今の時は、「自分自身を知る」「半分、青い」「血脈、その伝統を受け継ぐ」「統合」「グループソウル」「今」「調和」等、全ての全体像はアセンションを意味しています。高次元の本流ですと言うサインです。4月3日からよりエネルギーが引き上げられています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP