より輝きのある未来へのサポートブログ

ツインレイとの一体化の後に促進されると何方にもツインフレームは共同作業者として存在する

ツインフレームについて、旧ブログでも触れましたが、もう少し詳しく書いてみたいと思います。ツインフレームは、ソウルメイト、ツインソウル等のグループソウルの属性名では有りません。無限大の叡智に在るツインレイと同じ様に、状態を表すネーミングのひとつです。

ライトボディ化現象の第4プロセス完了後にツインレイとして成立する

もう一度ツインレイについて、無限大の叡智から書いて見ますが、ご質問を以前にお寄せ頂いた事が有ります。ツインレイとは、私自身がライトボディ化現象の第4プロセス完了後には、ツインレイ同士になると思いますが、お相手が第4プロセスを完了していなくてもツインレイ同士と言えるのでしょうか。と言うご質問でした。

ツインレイは、第4プロセスを完了した時に、お一人の力でスピリットの一体化をされて行くので、片側の方が完了する事で成立します。しかし、ライトボディ化現象のライトボディ化されたボディを、携えている方のみの促進作用をもたらし、その影響はお相手には及びません。しかし、繋がりが有りますので、お相手の意識次元は調整されて行きます、調整とは、高次元領域の意識次元に上昇します。意識次元とは、無限大の次元層と共調出来る範囲の領域を示すのが、意識次元です。

因みにアセンションパートナーというネーミングと、アセンデッドマスターと言うネーミングと混合され易く、以前にご質問を寄せて頂いた事が有ります。アセンションパートナーとは、霊的成長を促すお相手として、魂時点にて誓約を交わしたツインソウルの異性です。あなたの意識の目覚めの霊的覚醒の扉を開いて行くお相手です。アセンデッドマスターは、宇宙の叡智が定めた霊的指導者としての魂の遍歴を持つ者です。アセンデッドマスターは22スピリットが選出されて行き、永久、約250年、約83年間の交代制として、無限大の高次元層にエネルギーが格納されます。そのエネルギーを臨機応変、必要に応じて用いて行く為に用意されている特性を持つエネルギーです。

前置きが長くなりましたが、ツインフレームの存在は、日本人の場合は、転生前の魂時点からツインフレームとして成立させてから、転生して行く場合が有ります。その場合は、地球貢献に対する使命を担う魂の持ち主に対して、行われるのがツインフレームとしてのグループソウルのひとつの枠です。

例えば、私の場合は、ホワイトジンのスピリットですので、アセンションを導く使命を行使する転生でしたので、元魂が同じツインソウルは、パートナーでもあり、アセンションパートナーですが、アセンションパートナーの分身のツインソウルの異性が、ツインフレームとして成立された状態で生まれて下ります。フレーム形成は、異性性同士と言う条件が有るのは、万が一アセンションパートナーが早くに人生を全うした場合に代わりに、アセンションパートナーとして、フレーム形成をしている異性性のグループソウルになる事から、準備されていた時代も有ります。ツインフレームの場合は、生まれながらにして「共同作業」としてグループソウル内でひとつのフレーム形成をして下りますが、同時に高次元の領域の意識次元以降に、ひとつの事を成し遂げて行く場合は、サポートとして、更にグループソウルの異性性とツインフレームを形成する事も有ります。

第5プロセス開始時には、ツインフレームとしてのユニオン統合

ライトボディ化現象の第5プロセス開始時には、グループソウルの魂の特質が近い、ジョイントツインソウルやツインソウル等とのフレームが形成されて行きます。それは、あなたの躍進が、グループソウルに影響を及ぼして行く事になります。そして、逆にグループソウルの近い魂の持ち主からの、特に良い影響を取り入れて行く事になります。しかし、実際には出会った事のない、どこに居るのかもわからない、近しい魂の持ち主の影響を受けている、そして良い影響を与えている事は判からないものですが、ライトボディ化現象の第5プロセス開始時には、どなたもグループソウルの近しい魂全体が「ツインフレーム」としての役目を果たして行きます。

良い影響を与えて行く事では、集合意識との共調率が高い事は、グループソウルの本線の脈と言う一番強いエネルギーの恩恵を受け易い状態です。受けやすい状態は、願望実現能力の更なる向上に繋がります。

詳しい記事はこちら
ライトボディーを携える「宇宙の叡智でのツインフレームの関係は3パターン存在する」

ライトボディを携える:宇宙の叡智でのツインフレームの関係は3パターン存在する

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP