より輝きのある未来へのサポートブログ

ライトボディ化現象第2プロセスの主の促進は、クンダリニー覚醒に依る現象からの促進作用等

第2プロセスの概要

ライトボディ化現象の第2プロセスでの主な促進作用は、「生命の息吹きからの覚醒への促進」です。第2プロセスでも感情の解放は行われます。感情の解放は各プロセスに於いて、促進作用をより円滑に施して行く為に殆どのプロセスで行われます。第2プロセス期間は、18日~38日間位です。平均的な第2プロセス期間は、30日前後です。プロセス期間は、レイラインの滞りの影響を受けて行きます。また、体調が優れない時には促進作業は行いません。

第2プロセスでの感情の解放は、一般的に行われる感情エネルギー体のエーテル体とアストラル体に蓄積される負の感情や心のブロックを、個数にしますと、2~50個程解放しますが、第1プロセスから第2プロセスに、直ぐに移行する場合は、2~6個前後の解放になると思います。100個以上の蓄積の場合は、移行期間が10カ月前後以上の場合になると思います。その場合は、第1プロセスを再度行い、その後に第2プロセスの促進作用を行います。

ここで、負の感情や心のブロックに対する個数に対する叡智ですが、心のブロックは、感情エネルギー体に蓄積された負の感情は、流動性が少ない為に、単体がブロック化されて行きます。特にエーテル体は、魂と隣接している感情エネルギー体になり、動きが少ないエネルギー体です。動きが少ない事でブロック化して行きます。

第2プロセスは生命の息吹きの呼び覚まし「クンダリニー覚醒現象」

第2プロセスの主な促進作用は、「生命の息吹き」を呼び覚まして行く促進作用です。生命の息吹きとは、人間の持つ根幹的生命エネルギーの増幅と促進です。促進作業は、神のソウルポイントから、無限大層の683.89次元層内のエネルギーを放射して促進作業を行います。放射されるプロセスステージは、プロセス開始から、感情の解放作業、チャクラを含む352の全エネルギーセンサーの浄化、調整を行い、約5~12日後のステージです。

 

無限大の683.03次元層~683.99次元層エネルギーの大きな特徴は、無限大の宇宙意識の本幹のエネルギーです。宇宙意識の本幹と言える次元層は、633次元層から689次元層です。但し、無限大の宇宙意識の次元層の始まりは、600.02次元層からです。宇宙意識に到達する迄には、魂意識、慈愛意識、調和意識(中立意識)等の層が在り、それらの意識を含むのが、無限大の683.03次元層~683.99次元層エネルギーです。宇宙意識はエーテルと言います。エーテルとはアリストテレスが説いた五大元素の要素を含んでいる次元層の意味を持つ言葉です。その真髄は、「I AM」「我、ここに在り」の意識です。「我、ここに在り」へと促進する要素を含むのがエーテルと言う宇宙意識です。エーテルは、本来の自己の存在を湧現する為の人間力を向上させる作用を持つ次元層エネルギーです。

ソウルポイントに放射した光(高次元層エネルギー)は、尾てい骨の基底のエネルギー体に在るルートチャクラを活性化を促します。活性化度合いは、約127%前後の活性化度合いですが、3日~1週間掛けて徐々に下降して行きます。1度活性化させる意味は、生命の息吹きを呼び覚ます為ですが、無限大との繋がりを強化する意味も有ります。無限大との繋がりは、ご自身の人生の目的の呼び覚ましや、思いに向う本来持ち合わせている原動力を呼び覚まして行きます。生命の息吹きの呼び覚ましは、一般的にはクンダリニー(クンダリーニ、クンダリニ)覚醒現象と言われています。

生命の呼び覚ましの感覚

ライトボディ化現象に依る生命力の呼び覚ましの活性化は、目的に合わせた形になり、個人に併せた呼び覚まし(覚醒)度合いですが、平均約127%前後の活性化度合いです。覚醒に対して感じる現象は、個人差が生じて行きます。若年層の方は何かがパッと開かれた様な宇宙との一体感の感覚を覚える方が下ります。その感覚は、無限大が放射した光と言うエネルギーが、ルートチャクラから、ご自身の生命エネルギーが呼び覚まされて、ご自身の主要チャクラ等のエネルギーセンサーを活性化させて行きます。活性化された生命エネルギーは、頭頂に位置するクラウンチャクラから、放出されて行く時に、ルートチャクラから上昇して行く時に感じる感覚です。

その他の感覚としては、一番多いのは、真夜中に日中と何も変わらない昼間の様な感覚を覚えます。そして、2~3日続く事が有ります。また、ご自身が無限大の能力を持つ様な存在、漲るパワーを持つ存在として、ご自身を感じて行きますが、生命力と言う事では頭が冴える感覚や、眠気を及ぼす様な意識では無く、すっきりした感覚を覚える方が多いと思います。呼び覚ましに向けて、無限大から光を放射する時は、チャクラの浄化と調整に3日前後を要しますが、そのステージが終了したと同時に放射します。

第2プロセスでの魂の錬金術に向けての作業

その後は、魂の錬金術のクリスタル化に向けての精錬作業が行われます。第2プロセスでは、初期段階の精錬作業の工程ですが、第4プロセス完了時のスピリットの一体化に向けて、意識の領域のクリアリングを5日間掛けて行います。意識の領域のクリアリングは、無限大の638.38次元層エネルギーをレイラインに放射して行きますが、天使の羽根のチャクラ(キューピー人形の背中の羽根の付け根)に在るエネルギーセンサーから、意識の領域のクリアリングを行います。天使の羽根のチャクラは、神のエネルギーセンサーのひとつですが、神と言う無限大の高次元層のエネルギーを放射するポイントのひとつです。第2プロセスの意識のクリアリングは、結果的には第3プロセス以降の促進作業を円滑に行う事と、精錬作業を本格的に行う為の調整的な意味合いが大きいですが、潜在意識の領域範囲に奥行を持たせて行く意味合いが強いクリアリング作業です。

第2プロセスの主要な促進作用ですが、毎回内在成分に対する向上にむけての作業はいつくも行われますが、全体的なコンデション調整を行います。主な目的は、魂の精錬作業の一環です。無限大とのつながりに関しては、意識の領域範囲と、無限大の次元層が共調して行く事では、共調率がより高まります。高まる事は、無限大層の特徴のエレメントと言う人間に有効な要素を自然吸収率が高まります。ライトボディ化現象は、結果的には若返り効果になります。そして、潜在意識と顕在意識の間に在るクリティカルファクターを少しづつ解放させ行く事で、あらゆるクリアリングとクリティカルファクターの解放等の総合的な効果として、無限大の導きを得て行きます。

二重螺旋構造は、各プロセスでは強化されて行きますが、第1~第2プロセスへと円滑に以降した場合の第2プロセス後の強化度合いは、109%程になります。

現実世界は、意識の世界を表す。意識を変えて行く事は、別の現実を体験する道が開かれる。

この作業でもたらされる効果は、感情エネルギー体に負の思念の蓄積を減少させる効果と、概念体系や思考の枠を崩壊させて行く様な意識に向き易くなります。思考の枠は、意識の向け方を変えて行き易くなります。別の現実を生み出して行くには、意識を変えて行く事になりますが、現実世界は、意識の世界を表して下り、意識を変える事は、現実に起こる体験が変わる事に繋がります。

ライトボディ化現象に依り、意識を変えて行く事は、波動の上昇が伴う促進作用です。意識は、ご自身が変えて行く「意識を持つ事」や、「物事に対する視点を広げる事」や、「負の思いからご自身が離れて行く意志を持つ事」で、より現実に体験する事が変化して行くと思います。ライトボディ化現象は、神の手に依る促進作用は、その点では未来をより良く変化させて行く大きなサポートになります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP