A.O.Eマサキタカコのアセンションブログ

カルマメイトは、創造主に依る霊的成長を成し遂げて行く計画の方に対する設定のひとつ。

カルマメイトとは

カルマメイトと言う言葉は、無限大の叡智では「業を克服する為の意識を与えてくれる人」の意味を持ち、カルマメイトと言う言葉自体は、無限大が地球にもたらした言葉です。業は、プラスとマイナスの両面を持ちますが、業を刈り取る人は、マイナス面の行いに対して用いますが、無限大の叡智では、自他を軽んじる行いに向いて行く意識を指し示して下りますが、難しいのは、軽んじる行いは、何を示しているのかになると思います。

霊的成長を成し遂げて行く計画の方に対する設定

カルマメイトが存在している方は、日本人では10歳~68歳迄の範囲の約2.67%の方にセッティングされて下りますが、10歳~26歳迄の方は、約0.03%程です。セッティングされている方は、魂時点に於いて、ブループリントと呼ばれるプランニングシートの計画案の概要目的が、霊的成長を成し遂げて行く為の目的を立てられている方です。カルマメイトは、創造主が、カルマに対して気づきを与えて克服して行く為に、あなたとマッチングした特定人物を転生前に設定します。カルマメイトは、99.99%の方はプランニングシートの浅層部のエネルギー体に、転生後に深く関わりたい異性の主品格に刻み込みされます。

カルマメイトが設定された真意を、出会う前に気づいて行き、そのカルマに対しての克服度合いが、99.93%に達した時には、出会う軌道上の流れに向いて行きません。カルマメイトは、生まれる前に設定された特定人物以外は存在して下りません。カルマメイトのセッティングは、霊的成長を成し遂げて行く計画の方に対して、セッティングされて下りますので、その場合は、ツインソウルとアセンションパートナーとして誓約を交わして下りますが、今迄の過去の統計データからは、88%程の方は、アセンションパートナーと出会う前にカルマメイトと出会われて下ります。

カルマメイトは霊的成長を成し遂げて行く人生目的以外の目的

今現在29.8歳~60.2歳迄の中で、カルマメイトの設定されている約70%の方が、カルマメイトのお相手と結婚されて下ります。カルマメイトと結婚されている方は、自然と何か束縛されている様な意識を抱いて行きます。因みにカルマメイトのお相手のプランニングシートの目的は、霊的成長を成し遂げて行く目的では無い方が、約98.27%です。学びと言う面では双方同じですけれど、成し遂げて行く目的では無い違う目的を掲げて転生されている方がカルマメイトになる場合が多いものです。

カルマメイトが設定されている方は何を意識して行くと良いのでしょうか。

カルマメイトが存在している方はアセンションパートナーとの繋がりに特徴を持つ

何故、カルマメイトが設定されているのでしょうか。一言ではスピリットに淀みが少なく、順応性が高い傾向の方に設定されて下ります。しかし、その様な方は多いものです。その中でもアセンションパートナーとして誓約を交わされたツインソウルと、一言で言い表しますと、結果的に特に相性が良い者同士になります。相性が良い者同士、スピリットに淀みが少なく、順応性が高い等の特質と、創造主のシークレットと言う秘策が込められている為に設定されます。

もし、カルマメイトの設定がされている方が、カルマメイトと結婚された場合、総じて、束縛を受けている様な意識を抱いて行きます。共通して言える事は、自由な気持ちになれない意識を抱き易いのお相手です。何か束縛されている意識ですが、お一人ずつ内容については違いが有ります。例えば、カルマメイトと結婚されて、途中で離婚される場合もあると思います。しかし、その場合でもお相手に対して、どの様な感情を抱いているのか、どの様な事を学んだのか、どの様な事を心の奥底に落とし込んだのか等に依り、その後の営みに関しての違いは有ると思います。ご自身のカルマに対して設定された内容を理解して、克服して行く意識を持つ、持たないの違いは有ると思います。ご自身の霊的成長に対して、大きな気づきを与えて行くお相手がカルマメイトです。

カルマメイトとのカルマを克服して行く事と、高次元の領域の意識次元に、上昇した時には、カルマの精算の99%が精算されますが、そののカルマの精算とは違います。

コメント

    • Amy
    • 2018年 5月 01日

    いつもブログを心待ちにして楽しませて頂いております。

    カルマメイトについて質問ですが、霊的成長側にはカルマメイトからの束縛感を非常に感じる一方で、カルマメイト側に束縛されてる感覚はなく、違う形で不自由さは感じないのでしょうか?それとも居心地がいいと感じる方が多いのでしょうか?
    よろしくお願いします。

      • Masaki
      • 2018年 5月 01日

      いつも、ブログをご覧下さいまして、ありがとうございます。

      カルマメイト側は、課題を克服して行く事が出来れば良いと言う出会いですけれど、ご自身の中で何が課題なんだろうと、気づいて行く事が出来るかどうかになり、普通の結婚と変わりがないのが、カルマメイト側です。誰もが課題を消化して行く人生ですので、カルマメイトと結婚された方と感じる思いは別なんです。

      カルマメイトになる方の特徴は、自分の因よりも、外側の因として比重を置き易い傾向の方が、カルマメイトになる場合が多いものです。例えばと例を挙げたい所ですが、相手がこうだからと自分自身ではなく・・・と言う意識が有る方ですので、ご自身の中に原因は有る事に気づいて行くかどうか・・・ですので、不自由さはそう感じません。

      ご参考になれば幸いです。いつも、お読み下さって、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP