より輝きのある未来へのサポートブログ

宇宙の叡智:願望実現シリーズー願望実現方法は何通りか存在します。今は願望が叶う軌道に乗り易い

願望実現方法には複数有ります。そして、願望が何であるのか?にも依り、実現化方法は変わると思います。願望を叶えて行くには、願望に執着する事は、逆に願望を遠ざけてしまうのが宇宙のエネルギーの法則です。

この場合の執着と言えるのは、「~したい」「~欲しい」と言う枯渇感のエネルギーを生む意識が、願望のエネルギーを遠ざけます。「意識の向け方」がどうであるか?により、願望が、求めて行く事で枯渇感のエネルギーに様に変わっても行きます。

望みに対しては、ご自身の負の因子を出来るだけ外して願う

枯渇感から求める意識に変わるベースに在るのは、一言で言い表すと「心のブロック」です。「心のブロック」が願望を妨げて行きます。

願望のベースに、劣等感、自己否定感、枯渇感等を埋める為の意識が大きければ、第3の目の辺りを意識して願う事が出来ます。しかし、それは願望より自我欲が高まり易い「ご自身の負の因子を埋めたい思い」に偏る意識に向いている事になります。願望が負の因子を埋めて行く為の思いにならない様に、負の要素を出来るだけ取り除いて行く事が、願望実現化を目指す時には求められます。

第3の目は、エゴ、我欲の目

エゴが良くないのでは有りません。第3の目は、エゴ、自我欲、企み、嫉妬、妬み、辛み等を思う時に反応し易いエネルギーセンサーです。願望は、第3の目を意識しながら、意図する事が難しい、本来は第3の目を意識しながら、願う意識を抱く事が出来ないのが願望です。

しかし、脳の使い方の感覚的なものは、無意識ですので、意識しても判らない方も多いものです。例えば、私はプロテニスプレーヤーになり、自分自身を思う存分発揮したい、世界で強い人と戦って自分らしさを出して行きたい。と思う時には、ご自身の中の思いは、有名人でもなく、注目されたいのではなく、純粋に自分を出し切る場所として思う時には、第3の目を意識しては、よく思う事が出来ないのが宇宙の叡智です。願望のベースに在る思いが何であるのかを精査して行く事が、願望を抱いて行く時には必要です。

脳の使い方に関しては、記事にする事は出来ませんけれど、望みにだけ集中するご自身になる事が一番ご自身の中では、望みに向い易い状態になりますが、行動して行く事です。行動する時に導きも受けて行きます。その導きを受け取れるご自身になる、感じ取れるご自身になる事。そう考えますと、やはり負の因子に振り回されないご自身がそこにいる状態が望ましいです。

スピリチュアルナンバー 1111

1111のスピリチュアルナンバーは、「出来るだけ望みの集中して下さい」と言う天使からのサインメッセージです。集中する事は、望みから負の因子を出来るだけ取り除いて、純粋に願う事を天使は促しています。

2018年5月13日から、2018年6月3日迄は願望が軌道に乗り易い期間

無限大では、この期間は高い波動に向き易い期間です。無限大の浄化期間の終盤と、様々な要因が重なる事で、結論だけですが、望みが集合意識に届き易くなります。そして、思いが届き易い状態に向いて行きます。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP