ACE OF EARTH 公式ブログ

宇宙の叡智:願望実現シリーズークリティカルファクターは、魂の願望、人生計画の方向へ導く

顕在意識と潜在意識の間に在るクリティカルファクター

願望は、生まれる前に、やってみたい事、こんな風に生きて行きたい等、誰もが思い描いています。そして、プランニングシートの中層域には、今世に出会っていきたい人を意図して、お互いのプラニングシートに刻み込んでいます。あなたは生まれてから、エネルギー体に刻み込んだ魂の願望と、今世のプラニングシートの計画案を叶えて行く為に、どの様に進んで行くのかは、クリティカルファクターが大きな鍵のひとつです。

旧ブログでも、顕在意識と潜在意識の間に在るクリティカルファクターの重要性と、クリティカルファクターの仕組みは、書かせて頂きましたが、少し掘り下げて書いてみたいと思います。

あなたの向う方向を導く伝達経路のシナプス構造体が、クリティカルファクターです。クリティカルファクターと言う名称は、宇宙の叡智には御座いませんが、精神世界の分野で名付けられた名称です。クリティカルファクターは、宇宙の叡智では「意識内のシナプスに依る神経回路」と言うに留まりますけれど、クリティカルファクターは、ポイントを定めた判り易い名称だと思います。

「魂の特質の影響にを大きく受ける」シナプス接続分子の活性化度合い

シナプス神経細胞が橋渡しをして行く状況に対して、クリティカルファクターの解放度合いと表現しています。脳は、絶え間なくシナプスを形成して記録等をしていますけれど、強い衝撃的な出来事が有れば、遮断して行く事になるので、衝撃的な事は記憶が飛んでしまう事も有ります。

無限大の導きを、最大限に受け取る場合は、意識の拡大をして行く

判り易く無限大の導きを受け取り易い方と、そうでは無い方の違いが有るのは、魂の特質の違いがベースになるからです。

クリティカルファクターの解放度合いは、平均60%前後です。80%以上開いている場合は、ご自身がどれ位生きるのか迄、なんとなく察知して行く事や、ご自身の将来がなんとなく感じ取る事等の意識を潜在的に持って下ります。但し、その様な方は、ご自身が生れる前に思い描いて来られた事に、対応している内容を感じ取られています。

その様な場合は、クリティカルファクターの解放度合いは、約84%以上の方です。染まりずらい魂(ソースに近い)の持ち主は、代表的な所では、主イエス・キリスト様、聖母マリア様、天照大神は約96~97%前後になり、人類の中ではイシス神、ゼウス神は約98.5~99%でした。しかし、クリティカルファクターは、心の悩み等、心のブロックを抱えていると伝達能力が下がりますので、活性化度合いをどれだけ発揮出来る土壌を持つのかにも依ります。

しかし、シナプス接続分子の活性化は、学習能力に関わらず、脳を良く使う事で活性化されて行きますが、但し人間は、58%以上の活性化度合いであれば、導きを得て行く事が出来ます。そして、58%以下の方は存在していません。ご自身が意識しなくとも、自然と魂の願望を叶えて行く為の方向、プランニングシートの計画案の方向に進む流れを導きます。その中でご自身は、何を選択して行くと良いのか、その出来事で学ぶべき事は何かを考えながら、学びながら、気づきながら進んで行きます。

クリティカルファクターと意識の拡大の関係

意識の拡大とは、潜在意識には領域が有り、その領域を広げて行く事を意識の拡大と表現しています。意識の拡大は、クリティカルファクターの解放度合いを高めて行きます。

リラ星団のエネルギーは、浄化のエネルギー

リラ星団のエネルギーは浄化のエネルギーですが、リラ星団のエネルギーを用いる事は出来ません。天体のエネルギーは宇宙の法則により、用いる事が出来ませんが、リラ星団のエネルギーは、既にアセンデッドマスターを約4年前にご退任されたセント・ジャーメイン(サンジェルマン伯爵)に依るバイトレットフレーム(紫の炎)のアチューンメントの浄化のエネルギーとして用いる事が出来ます。バイオレット・フレームは、大天使サンダルフォンとの共作になりますが、セント・ジャーメインご退任後は、大天使サンダルフォンが、大天使とアセンデッドマスターを兼任されて下ります。

リラ星団はラテン語からの言葉ですが、琴座の事です。琴座にはベガと言う星が有ります。リラ星団の浄化のエネルギーは、このベガが主になる浄化のエネルギーです。

こと座 Wiki

 

余禄ですが、宇宙の法則のひとつですが、大天使22スピリット、任務を担うアセンデッドマスター22スピリットと決められて下ります。アセンデッドマスターの任務体制は3分類されますが、任務期間が決められて下ります。

意識の拡大に関しては、クリティカルファクターの解放度合いを妨げる事を防いで行く効能が有ります。

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP