より輝きのある未来へのサポートブログ

(追記)トウカイテイオーとミホノブルボンは、ツインソウル同士。ひとつの事に尽き進むタイプはクリスタルチルドレンのよう

トウカイテイオーとミホノブルボン

© Net Dreamers Co., Ltd. より 優しい気質を持つ馬 シゲルスダチ

馬のお話が続きますけれど、馬同士のツインソウルが、共にサラブレットとして、競馬で活躍された例が有りますが、トウカイテイオーとミホノブルボンです。
但し、元魂は違いますけれど、このグループソウルは家畜としてのグループソウルです。馬は血統も優先して行きますが、魂の特質も合わさります。人間と変わりませんけれど、馬の場合は、人間よりも魂の特質を具現化し易い特徴が有ります。

集中力の高い家畜のグループソウルは、馬としてずっと転生する。

2頭のサラブレットは、偶然がいくつも重なり、同じ時代に同じ国に生まれたのは、人間同士のツインソウルとの出会いよりも、難しく10万頭に1組程の割合になると思います。出会いは奇跡的だと思います。馬は、従順ですけれど、ひとつの事に集中して行き易い特徴が有り、集中力が高い家畜のグループソウルは、馬としてずっと転生します。

集中型のクリスタルチルドレンは、眼光が強いのが特徴

集中と言えば、集中力が高く、スピリットの純粋性が高い魂の持ち主の場合は、転生の望みに対して、クリスタルチルドレンの特性の付帯を行う場合が有ります。その場合は、クリスタルチルドレンの中でも、特に眼が光輝くのが特徴です。日本でも、魚の事に詳しい有名な男性がいらっしゃいますけれど、スピリットの純粋性が高い事では、素直で純粋な魂の特質をお持ちになられて下ります。

集中力が強い事では、好きな事を見つけますと、どこまでも追究して行きます。クリスタルの属性を付帯する事で、イエロージンを付帯されている場合は、ご自身の中に在る友愛精神、奉仕精神、調和精神が引き出され易くなりますが、素直で純粋な場合は、より調和を重んじる意識に向いて行きます。そして、スピリットの純粋性が高い場合は、優しいエネルギーを持ちますが、子育てする時には、何故ひとつの事に熱心に追及するのだろうと思うかもしれません。好きな事には、集中するのでご自身の魂の特質を、十分に発揮して行き易くのが、集中型のクリスタルチルドレンです。

そして平和意識が強い面が有り、いじめられ易いかもしれません。そうなりますと、自己愛が不足しているととても傷ついて行く面を持ちます。年代としては、1958年~1978年迄のクリスタルチルドレンの中に集中型クリスタルチルドレンが男女含めて50名前後いらっしゃいます。

馬もイルカも人間も同じ位、愛情を培う

馬は、人間の愛情を感じて行きます。乗馬をされていらっしゃる方もいらっしゃると思います。キタサンブラックは、イシス神の系統の魂の持ち主になり、家畜として転生して下ります。但し、キタサンブラックは、馬主と魂の繋がりが近い関係です。馬主とイシス神は、魂の繋がりが深い関係になり、今、日本の地は、人間のグループソウルに近い魂の繋がりの在る魂が、動物も生まれて下ります。

キタサンブラックの名前はディバインガイダンスに依る名前~ブラックは大黒天様の意味(追記)

歴代最高の獲得賞金を記録したキタサンブラックの名前には、下記の様なエネルギーが動いているお名前ですが、「諸天の神が渦巻くエネルギーを持つ馬」です。

この場合の「キタ」は、「中心」の意味です。グループソウルの中心、中心脈、本線を「北」で印をうつ魂の家系の意味です。魂の家系には伝統の流れをくむグループソウルには「キタ」等の音が付けられている場合が有ります。過去生から伝統の流れが有る場合です。

「サン」は、この場合はキタ→サン になるので、「3」はグループソウルの本流、人間の家系ですと総本家になり、「守護神」が付くとなります。「ブラック」は、この場合は、やはり魂の系図、特質等、見えない魂に関してになりますので、「魂の黒」は「大国主命」「大黒天」です。キタサンブラックは、大国主命のグループソウルの魂の持ち主です。人間のグループソウルには、家畜として転生する馬などの魂と言うエネルギーが在ります。必ずでは有りませんが。

名前を総称しますと、キタサンブラックの魂の特質そのものを表し、センターに「サン」が入る事でイシス神(大国主命、大黒天はイシス神はイシス神と同じ魂)の添え木の「守護神のエネルギー」が渦巻く馬になりました。その未来の活躍を暗示する名前になりました。しかし、お名前には表と裏が有りますが、裏の意味は、予後不良 となり易い事も意味していますので、短命になり易い意味も持ちます。そしてお名前の中心には「タサン(多産)種馬の未来」になりますので、裏の意味を出来るだけ回避する事に流れています。とても考えられたお名前です。このお名前はディバインガイダンスに依るお名前です。良い要素ももちろんですが、お名前には裏の意味も必ず有りますので、裏の意味を弱めて行く事も考慮するのが、良いお名前だと思います。

しかし、人間も馬も愛の眼差しで見て行く事が良い事ですけれど、特に馬は従順に人間に寄り添う心を持ちます。そして、人間の愛をよく感じます。馬主の愛をよく感じている事は、お写真で見るとよく判ります。馬は褒められている、愛情を向けられている事に遣り甲斐や、その上での魂の特質を際立たせて行く事が出来ます。しかし、こちらの馬の魂の特質としては競争には向きません。勝敗を考える気質は持っていないスピリットです。しかし、持ち合わせているエネルギーが諸天の神のエネルギーが渦巻いている馬です。イシス神のグループソウルの流れは、天照大神、観音様、大黒天、弥勒菩薩、ゼウス神、ポセイドン等多くの神のエネルギーを持ちます。(血統が重要視されますが、やはり血統も良い因子を受け継いでいます。※あくまでも、全てスピリチュアルからの見解です。)

しかし、勝敗、競うというよりも、自分を出し切って行くという意識に向いて走り続けています。勝敗を意識する事では、余り使命を果たせないのグループソウルです。勝敗を意識する事が薄いグループソウルになり、自分の成すべき事に集中する事で結果を出して行く気質を持っています。人間も馬でもグループソウルの特質は変わりないものです。写真:天皇賞優勝時のキタサンブラック

私達も誰しも人間以外を経験している

人間のスピリットは、最初は意識のみのスピリットですので、日本風に表現しますと「霊」として3度経験します。しかし、地球上で営むのでは有りません。意識の次元層内で営んで行きます。その時には、8種類の生命体が存在して下り、3種類の生命体を経験する事になります。その中では、「天使の経験」をする方も下ります。人間のスピリットの場合は、厳密には、精霊ですけれど、他の生命体に付随して、見守る仕事をします。付随している生命体の命が絶えると、ご自身の命も終わりと言う精霊です。そして他の生命体をあやめて行きながら生命を維持する生命体等、様々な経験をして下ります。

その他メニューリストをアップしました。
スピリチュアルカウンセリング、鑑定、想定アカシックレコードリーディング、352の全チャクラの浄化調整、意識次元鑑定、潜在意識レベル、ツインソウル指数の鑑定、浄霊など、アップしました。

こちらのサイトにアップさせて頂きましたので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP