より輝きのある未来へのサポートブログ

「22を超えて行く」22の法則や、グラウンディング能力と松果体活性化度合いのバランス度合いの相対の法則

宇宙の叡智から、22を超えて行くとは

宇宙の叡智 「22の法則」

スケールの大きな望みを具現化して行くには、「22を超えて行く」と無限大では表現します。

  1. 感情の22の段階を3回クリアする事。
  2. 無限大の22次元層以上と共調して行ける、波動の高さを持つ事。
  3. 霊的成長を成し遂げたと見なされる最短年齢の22歳を超えて行く事。
  4. 22回以上の転生を経験する事。
  5. 22以上の悟りを感じる事。(悟りとは、大きな気づきを得て、その学びを体得した事。)

その他

  1. 地球圏を見守るエネルギーが22エネルギーで有る事。
  2. 物質世界に在る空気は22の要素を持つ事。
  3. 望みの具現化は22周期で循環する。
  4. 宇宙の創造は、22周期毎に人間の姿を変化させて行く。
  5. 人間から、神の魂の持ち主を22スピリット創出する。(但し、実際には18スピリットと、残りの4スピリットは意識のみのスピリット)

等になり、22とは、宇宙の叡智では「相対」の意味を持ちます。相対とは、双方が対等で有るの意味です。相対とはバランスです。

相対の法則の例
グラウンディング能力と松果体の活性化度合いのバランス度合い

人間は、天と地の間に有り、天と地のバランスが75対75が、最大限にご自身の特性を生かして行く事が出来る状態です。

例えば、グラウンディング能力が70%の時は、松果体の活性化度合いが70%の状態は、バランスが取れます。グラウンディング能力は最低でも69%以上が望ましい値です。現在は、グラウンディング能力が69.7%が平均になり、松果体の活性化度合いの平均は、63.38%前後です。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP