より輝きのある未来へのサポートブログ

シンプルな望みの具現化は、次のケースの場合、2通り考えられる。委ねる意識は、導きを得やすい意識。

簡単な事も有ります。お寿司を今日のランチに食べたいと思いますと、行動に移す事に依り、食べられます。しかし、食べたいけれど、時間が取れない時は食べる事が出来ません。でも、その時にはお寿司は、食べる事が出来ない事が判断が付きます。しかし、上司から、お寿司屋さんにランチを食べに行く事になりました。結果として、ランチにお寿司屋さんに行く事になり、食べる事が出来ました。

それでは、「お寿司が食べる事が出来たこの仕組み」は何でしょうか。

その仕組みは2通り考えられる。

この様な時は、食べ物に関しては、ふと「食べたい」と思う意識は、純粋な真っ直ぐした意識になり易く、意識のベースに眠る思いには、これと言ってない場合が多いものです。ただ食べたいと思う事が殆どでは無いかと思います。その場合は、2通り考えられます。

1つ目は、ご自身の思いの意識が届いた事に依り、上司がその意識を捉えて、ふいに「お寿司」と思い、「久しぶりに係で、お寿司でも・・」と思ったのかもしれません。2つ目は、上司がお寿司屋さんに連れて行こうと、思ったのかもしれません。その場合は、あなたがその意識をキャッチした事で、「お寿司が食べたい」とふと思った事になります。

意識のキャッチは、何かに囚われていない時にキャッチし易いものです。無意識のキャッチは、眠りから目が覚めた時の状態が、一番キャッチし易い状態の意識です。それは、雑念がほぼ無い瞬間の状態になるからです。

意識を手放す事が出来る方は

意識を手放すと言うのは、意識が何かに常に囚われている様な状態は、執着と言います。何かに執着している場合は、意識のキャッチの様な事や、導きを感じ取る事が遠くなります。

執着は、その代わり、執着している事や人の場合を有りますけれど、執着は、執着しなくても良い事に囚われて行く意識です。営みに邁進する意識とは違います。執着は、望みに向わない意識です。しかし、執着等のエネルギーを除いて、望みに対して真っ直ぐ意識を、伸ばして行く事が出来る方も大勢いらっしゃいます。望みに対して、瞬時に抱いて行く意識を持つ方が、望みに向う軌道上の流れに向い易くなります。

■ メニューのご紹介

創造主の手に依るライトボディ化現象の第11プロセスの2ステージを施すワーク ¥52,500

プロモート形式に依る深層域迄の963次元層エネルギーに依る感情の解放・創造主の手に依る意識の再生
意識次元 5.07次元前後に上昇 高波動を約120日間前後維持します。
こちらのワークは、創造主の手に依るライトボディ化現象のプロセスを施すワークです。プロモート後は、約3.5カ月位で本格的なライトボディ化現象にシフトし、第1プロセスの始まりのジンのスピリットの付帯が行われます。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP