A.O.Eマサキタカコのアセンションブログ

今頃、叡智を紐解く「マヤ暦が途切れた理由」と、集合意識に広がる意識はどの様に向いて行くのか。

今頃、2012年12月21日の地球アセンション、人類滅亡説を紐解いて見る

昨日の記事内の映画等は、その影響を受けたアセンションを背景にした映画でしたので、大きな影響を持った地球アセンション説でした。

集合意識内での「概念」として、広い範囲に在る培われた意識が、2012年12月21日の地球アセンション

以前に、2012年12月21日には、地球はアセンションする等と言われて下りました。それと共に、人類滅亡説等も飛び交いました。その事では、今は有りませんけれど、集合意識内での「概念」として、広い範囲に在る意識として成長して下りました。

そうしますと、スピリチュアル的に「何かを感じ取る」時に、宇宙の叡智の前に、集合意識に触れて行き易くなり、集合意識に根付いている「2012年12月21日頃、地球はアセンションする」と言う意識や、何か大きな変化が起きる気配を、感じられた方も多い時になると思います。

宇宙の叡智

マヤ暦の時の刻みが途切れた理由

人類滅亡説は、マヤ暦の刻み込みの終わりから、人類滅亡説が広まる一因の様ですが、宇宙の叡智を紐解きますと、マヤ暦は、創造主がマヤ人にもたらした叡智ですが、創造主は、単一した文明が、独自の概念を発達させて行きましたが、創造主の叡智と真逆な無償の愛の行いから逸脱する概念を作り上げた文明になり、創造主が無限大の叡智を伝える事が出来なくなったからです。

余禄ですが、50年から100年後以内には、車は進化している叡智

車は、プレジャーボートの様な浮力を備えて行く叡智が有ります。プレジャーは漁船とは違い滑走型になり、水に対する抵抗を少なくして下り水に乗って進む方式、漁船の場合は水をかき分けて進む方式です。車は、泥濘、轍に対して楽に回避出来る様になる事や、砂漠地帯、水害にも対応する様な進化をする叡智が有りました。

宇宙の叡智「今の時の通過ポイントの日」の叡智

宇宙の叡智では、下記の様な叡智が有ります。

  • 2012年12月21日:地球軸の傾きから、西洋占星術、インド占星術等、宇宙の天体の影響に関しての古来からの叡智がずれているひとつの節目、見直しの時
  • 2017年2月3日:大きな地球の時の節目の高次元時代ー本格的にアセンション時代の到来により、意識を高める行いに向いて行き易くなる。
  • 2017年9月3日:宇宙の叡智を見直すポイントー高次元時代の本流の準備期間の始まり。主にスピリチュアルナンバー等の叡智の修正。
  • 2018年6月3日:宇宙の叡智を正す流れのポイントー余禄として、無限大の浄化期間の終了になり、浄化が現実的に、空の色が綺麗に見え易くなると思います。
  • 2018年9月3日:宇宙のエネルギーの法則が、また高まる時のポイント
  • 2018年11月4日:波動の法則が厳密性を増す時のポイントー意味合いとしては、ご自身の意識により、現実に起こる出来事が、変化する事を感じ取り易い状態に向いて行く。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP