より輝きのある未来へのサポートブログ

新約聖書のヨハネの黙示録は、「自己流」の予言書、「666」の本当の意味。

ヨハネは、ご神託を御授けられる能力を持ち合わせていなかった。

邪心を巧みに入れ込んでいる

新約聖書のヨハネの黙示録の中の文章には、「悪魔や愚か者を意味する数字が666」と、捉えられる様に書き記されて下ります。ヨハネの黙示録は結果的に自己流の予言書と言えます。ヨハネは、主イエス・キリストの使徒として、一番気に入られたかった事と、その後に主イエス・キリストが多くの民衆から崇拝されている事が、羨ましく感じ始めて下り、その邪心が入り込んでいるのが黙示録です。しかし、主イエス・キリストがもたらした創造主の預言も記されて下ります。

ヨハネの裏切り

その後に主イエス・キリストがもたらした創造主の預言を、あたかもヨハネ自身がもたらした事だと語り始めて下り、その後「ヨハネの裏切り」として有名になりましたが、ヨハネ自身は、創造主からのご神託を受けられる精神性と能力を持ち合わせて下りませんでした。 

666の本当の意味「精神性の成長を高めた祝福」のサイン

新約聖書のヨハネの黙示録の666が記載されている文章には、知恵を持たせる為に、666の刻印を創造主が行う様な文が書かれて下ります。666は、「精神性を高めた暁」の意味です。その意味は、霊的成長を祝福しているスピリチュアルナンバーが666です。 

666の現在の意味「お金の使い過ぎ」「自分を大切にしない意識」のサイン

ヨハネ自身が、666を書き記したのは、仏教の用語を用いますと「餓鬼、修羅」の意識からになり、結論的には、「創造主からの祝福」を、嫉妬等の極みとして666の意味を変えて「偽りを残す」行いに向いた為です。

集合意識では、666は、忌み嫌われる数字として多くの方が抱いている意識

集合意識では、666は、忌み嫌われる数字と化して下ります。666に対しては、餓鬼や修羅に向く様なエゴを助長する行いを抑制して、精神を高めて行く意識に向いて行く事を助言する数字として今は成立して下りますけれど、本来は、「精神性を高めてた祝福」でしたが、現在「666」は、「お金の使い過ぎ」「自分を大切にしない意識」のサインとして時折もたらして下ります

2018年10月辺りからは、本来の数字の意味に変更する事は出来ませんので、徐々に創造主の意図したサインナンバーが浸透するまでは、ご自身が666を見た時に何を感じたのかは、「ご自身次第」の数字と化すと思います。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP