より輝きのある未来へのサポートブログ

仏教の開祖の釈迦牟尼仏様と主イエス・キリスト様の関係「元魂が同じ魂の持ち主同士」とアモン

仏教の開祖の釈迦牟尼仏様は、主イエス・キリスト様の分配のツインソウル

釈迦牟尼仏様は、アセンション経験者のおひとりです。アセンション経験者とは、アセンションされて下りましても、使命を持ち、後の釈迦牟尼仏様として転生されていらっしゃいます。主イエス・キリスト様は、ホワイトジンのスピリットの神の魂の持ち主になられますけれど、「導く者」として、「導師」のお立場で現人神と言うお立場では御座いませんでした。

ホワイトジンのスピリットを持つ魂が生成された時には、分身を生み出す場合が御座います。源魂が、複数の分割により、元魂が生成されます。複数のうちのひとつの元魂は、釈迦牟尼仏様と主イエス・キリスト様の元魂です。その元魂は、主が男性性の元魂です。元魂が男性性と女性性に分裂します。個の魂となった主の男性性の魂が、後の主イエス・キリストの主が男性性の個の魂です。主イエス・キリスト様の魂は、ホワイトジンのスピリットです。

分配のツインソウルの意味

ホワイトカラーのスピリットと言いましても、濃淡等の微妙なカラーの違いが有ります。それは、イエローカラー、レッドカラーで濃淡、カラーの微妙な違いも御座います。ホワイトジンのスピリットの場合は、分裂させて行き、もうひとつ生み出しておきます。成り立ちの区別を付ける為に「分配」と付けています。主イエス・キリスト様の魂は、ホワイトジンのスピリットでしたので、ホワイトジンのスピリットの場合は、分配を行いもうひとつの同性のツインソウルのスピリットを作りました。分配されたスピリットも、ホワイトジンのスピリットの持ち主になる後の釈迦牟尼仏様です。

そして、元魂が男性性と女性性に分割した時の主が女性性の魂の持ち主が、後のマグダラのマリア様です。片側の男性性の魂が、ホワイトジンのスピリット場合は、マグダラのマリア様の魂が、エネルギーが弱くなり易いのが特徴です。その場合は本能的に分身の同性のツインソウルを生み出します。分身のツインソウルが、後の聖母マリア様です。

アモンは神聖の意味、源魂の持ち主がアモン

主のホワイトジンのスピリットの持ち主には、生成方法は違いましても、元魂が同じツインソウルが複数存在します。元魂とは、源魂の意味では御座いません。主イエス・キリスト様、釈迦牟尼仏様、マグダラのマリア様、聖母マリア様の元魂の源魂は、古代エジプトの8柱神のおひとり言われる主が男性性のアメン(Amen)アモン(Ámmōn, Hámmōn)、アムンです。名前の意味は「神聖」の意味です。アモンは、後に「ラー」となり、崇拝されました。

しかし、この段階では、神では無く、「神聖な者」としての意味合いになり、現在の「神」とは違います。古エジプト時代は、権力と神聖さが統合された意識を持つ文明が根付いて下り、神としては根源のソースは取り扱う事はせず、神聖な魂を持つ存在として下ります。

古代エジプトでは「暗示」を免疫力の向上や改善に用いる

神聖な者以外でも、様々な祈祷を執り行います。結果的には「暗示」の力も用いて、免疫力を高めて下ります。神官の唱える呪文には、王に仕える為に、そのお立場から暗示的な意味が強くなるベースが有り、病を改善させる力が有ったと言われます。しかし、呪文を唱える事は、故意に暗示を掛けたのでは無く、伝統からの儀式を忠実に行う真摯な姿勢が、被験者が信じる心を持ち、免疫力を更に高めた結果だと言う叡智が御座います。

暗示で効力を発揮するのは、アレルギー体質の改善です。アレルギー体質の一部の方は、免疫力の低下が悪化の要因となる場合が御座います。ストレス、慢性的な疲労、不安感を長く抱いている時など、蕁麻疹が出る体質の方がいらっしゃると思います。現代では特にアトピー体質の方も多いと思いますが、アトピー体質の場合は、遺伝的要素や免疫機能低下が主な要因の場合には、効力を発揮する場合が有りますが、暗示には個人差が生じます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP