より輝きのある未来へのサポートブログ

大国主命は実際には存在しない人物ですが、神のエネルギーとして日本に鎮座しているエネルギー

大国主命と天照大神は同じエネルギー

大国主命(おおくにぬしのみこと)は、国造りの神として有名な神です。大国主命と天照大神(あまてらすおおみかみ)の「神としてのエネルギー」は、同じエネルギーです。大国主命や天照大神に付きましては、古い書物には色々な記述が御座いますけれど、物語には、例え話や意図した内容が含まれて下ります。大国主命のエネルギーは、主が女性性のエネルギーです。

大国主命は、実際には存在しない人物です。架空の人物ですけれど、神のエネルギーとして降ろして下り、存在しているエネルギーです。大国主命は、イシス神の魂の持ち主の神のエネルギーです。結局の所、エネルギーのみを降ろしたと言う事になります。

大国主命のエネルギーは、日本の地に鎮座するエネルギーとして降ろしている

大国主命のエネルギーは、イシス神等の実在の人物としての魂の持ち主の神のエネルギーです。国造りの神のエネルギーですけれど、世界では、豊穣をもたらす国造りの神のエネルギーは、神の名称は違いましても、天照大神と大国主命のエネルギーです。

付属的な内容ですが、大国主命やイシス神は、アセンデッドマスターとして、任務するエネルギーでは御座いませんが、その地にエネルギーを降ろして下ります。アセンデッドマスターとは、創造主が定めた過去の偉人22スピリットが、それぞれに任務期間が違いますけれど、エネルギーを置いて必要に応じて用いて行くアセンデッドマスターのエネルギーです。天照大神や素戔嗚尊もアセンデッドマスターとしては任務して下りません。

但し、宇宙の叡智でのアセンデッドマスターの定義は、偉大なるアセンション者の意味としては無く、任務する22スピリットに対して用いている名称になり、22スピリットの中には、大天使ミカエル様のエネルギーも御座いますので、大天使ミカエル様は、大天使とアセンデッドマスターを兼務して下ります。

古い書物の主な登場人物の魂の関係

古い時代に、日本の地に生まれた古い書物によく登場する人物については、イザナギ様(男性)とイザナミ様(女性)や、天照大神と素戔嗚尊(すさのおのみこと)、大国主命が下りますけれど、主な登場人物の魂の系図は、文章が複雑になる為、純粋に魂の繋がりに対しての属性名のみを記載しますと、イザナギ様(主が男性)を中心した魂の関係は、イザナギ様(主が男性)のジョイントツインソウルのお一人が、大国主命(主が女性性)のエネルギーの持ち主です。大国主命(主が女性性)のジョイントツインソウルのお一人が、天照大神(主が女性性)です。

イザナミ様(女性)は、イザナギ様(男性)の並列のツインソウルです。並列とは、源魂を同じとするツインソウルになり、一般的にツインソウルと呼ばれるのは、並列のツインソウル同士になります。素戔嗚尊(主が男性性)は、イザナギ様(男性)とはソウルメイトですが、素戔嗚尊は、天照大神と元魂が同じツインソウルですが、並列のツインソウルです。

イザナギ様(男性)とイザナミ様(女性)や、天照(女性)は、行脚をして下り、始まりは、レムリア大陸の残された地(現在の北海道の洞〇湖町~伊〇市近辺の海辺付近)から、九州迄行脚して下ります。天照はその地で誕生して下ります。イザナギ様(男性)の漢字は、伊弉諾、伊邪那岐、伊耶那岐等が当てられている様です。イザナミ様(女性)は、伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥と表記されている様です。

イザナギ様(男性)とイザナミ様(女性)のお名前は、「二つで一つ」陰陽統合の意味を込めている

『いざなぎ』の「い」は、「はじめの地」を意味して下ります。「ざ」は大きいを意味して下り、「大きな存在」です。「なぎ」は波が穏やかな様の言葉です。『いざなみ』の「なみ」は、「海の波」です。そしてお名前には複数の意味を込めて下りますが、行脚のスタート地点と終わりの地点の土地を表す言葉も含んで下ります。波と凪はセットです。その意味は、陰陽統合の意味を含んで下りますが、お二人はツインソウル同士である事の意味を含んで下ります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP