ACE OF EARTH 公式ブログ

ライトボディ化現象の第7プロセス「第4の目」の目を持つ促進作用は、「超能力ベース」を携える

ライトボディ化現象の第7プロセス「第4の目」視床下部のシナプスに依る情報伝達機能向上

 プロセス期間は、約20日~約26日間前後です。第7プロセスに移行する要件は、個人差が有ります。但し、最低限の基本要件は有ります。

総合的エゴを減少させる難しさが有るのが現代

総合的エゴの高さの平均(本日現在)は、日本人男女の統計ですが、26歳の方は約57.28%、36歳の方は約60.17%、42歳の方は約60.07%が平均値です。本来第7プロセスへのコンデションとしては、総合的エゴは、約27.65%前後以下が望まれるコンデションですが、現代は難しい面が有り、総合的エゴの高さは、38.47%以下が望ましい値です。しかし、シフトする要件は個人により違います。

高次元時代は願望実現時代。時代に見合うライトボディ化現象

高次元時代のライトボディ化現象は、「五感能力の向上」、「創造性の開花度の向上」を含む「総合的な人間力の向上」、「望みの具現化能力の向上」が、現代でのライトボディ化現象への移行の醍醐味です。高次元時代の今は特に「望みを叶えて行く時代」になる為です。

大切なのは、「負の要素や魂の願望に向き合う意識」です。ご自身が負の要素に気付き、改善して行く霊的な活動が行われている事が前提になり、ご自身の中に無償の愛の意識度合いが高い事が必要な段階です。その為には、ある程度の「意識の領域の広がり」は必要な段階です。「思考の枠」が有る程度取り払う意識がある事、「思考の多様性」がある事等、第7プロセスに移行する要件は、個人差が大きい段階です。

第7プロセス「第4の目」視床下部のシナプスに依る情報伝達機能の向上

継続的サポートとは、第7プロセスでは、「優れた五感能力」を携える促進作用です。特に感知能力の向上についての促進作用は、視床下部の共振作用に依るシナプスの情報伝達機能の向上の為の促進作用です。そして、「第4の目」と呼ばれます。

「第4の目」は、ご自身の波動状態に見合う意志伝達能力が発達する段階です。この能力は、動物がとても優れています。「第4の目」の発達は、ライトボディ化現象前の約2.0~2.6倍前後の情報伝達能力機能の向上です。

視床下部の機能向上は、特に「嗅覚」の発達、アンチエイジング効果、摂食に対するバランス機能、エネルギーの感知能力等、感覚的な能力向上が本格的に施されるプロセスです。

超能力は、天使のスピリットの受信能力を携える事での能力向上

天の使徒者との情報伝達能力としての「受信能力向上」です。イメージチャネリングの中でも、夢と同じ様な「画像」「動く映像」「意図の受容」「カラー」「文字、数字」の読み取り等の能力のベースを携えます。超能力は、元々能力を携えている方も下ります。しかし、開花するには自己バランスが取れている事が高い能力を発揮します。しかし、17歳位から閉じて行きます。その後は、精神性のバランスが取れ始めた時に再び開花します。

事故等に依る下垂体の振動により、この能力を携える方も下ります。しかし、事故の場合は、1年6カ月前後で徐々に受信能力が衰えて行きます。しかし、能力から、精神性を高める意識の躍進に向われて行く場合は、受信能力の維持が可能だと思います。この回線は、必要に応じて天の使徒者を介して、フレーム関係のお相手とのお互いの意志確認等を、短時間に行うテレパシックな能力としても用います。しかし、お互いが受信能力を携えている事が望まれます。

しかし、自己バランスを崩して行くと、ガイドの判断により応答に違いがあるようです。

第7プロセスは、アンチエイジング効果と皮膚細胞の活性化の向上

第7プロセスにシフト後から、約20~25日間前後掛けて促進作用を施します。「第4の目」を持つ意味は、危機管理能力の向上が主な目的ですが、現代では視床下部の促進は、ホルモン作用の活性化される事での副的要素として、内面的アンチエイジング効果が大きいと思います。無限大の高次元層との共調率が高まる事で、皮膚細胞に良いエレメントの自然吸収率が高まります。アンチエイジング効果は、病気の治癒能力が高まるのでは有りません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
いつもお読み下さり、ありがとうございます。イメージチャネリングトレーニングとして、画像イメージをお届けします(1日1回、最高2回まで)

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP