より輝きのある未来へのサポートブログ

日本は環太平洋火山地帯に在る国/未来予想は背景ベースにあるエネルギーを読む事である程度予想がつく

過去記事にも書きましたけれど、今はエネルギーの背景的な要素が有り、「両極端に向き易い」状態と、大きく出易い特徴がある時です。

宇宙の叡智ー光化学スモッグの粒子の範囲はPM3~4.5

そして光化学スモッグの注意報も出て下ります。光化学スモッグはPM2.5よりも粒子が大きいのが特徴です。現在の光化学スモッグの粒子からPM3~4.5の光化学スモックです。その影響は、隣国の韓国にも影響を及す可能性が示唆されて下ります。

日本の気温の上昇は、様々な地形的な影響も受けます。日本の火山地帯分布図ですが、火山の帯を記して下りますけれど、全てが活発な動きをしている火山では有りません。気温が上昇する場所は、地形以外にも土地の下の見えない「部分」の影響も受ける事が有ります。基本的には、火山地帯では無い地域での気温が過度に上昇し易いのが、宇宙の叡智です。但し、地形や気象の影響の上での過度な気温上昇です。

地球での事象は、「天の川銀河の時の影響」と「太陽系の波動上昇のエネルギーの影響」がベース

もうひとつの要素は、天の川銀河の現在の宇宙内での影響です。上の図は、「天の川銀河」です。太陽系を含む銀河の名称ですけれど、地球から見えるその帯状の星の集合は天の川と呼んでいます。青印の太陽を中心に周回するのが、地球(惑星)です。

大きな渦巻き状の「天の川銀河の影響」は、現在は「水瓶座の星座のエネルギーの影響」です。地球は、天の川銀河の中心核「重力波ーGravitatonal waves 質量の在る光周波数波」の影響も間接的に受けています。しかし、人間の周波数波(波動)が、影響を与えます。特に地球上では、人間の波動の影響が75%前後以上、「気候の事象」に影響を与えています。

上記内容に併せて、地球の軸の傾きと、月(月日の事)のエネルギーの影響を重ね合わせて行く事と、大きな負のエネルギーの要素と流れを読み解くと、未来の中に具現化する可能性のある事象の予言が出来ます。しかし、想定アカシックレコードは早くても3日前に事象の現実化が判ります。

しかし、要素のマッチングから現実化しますので、具現化し易い発動確率には違いが御座います。マッチングし易いのは「気象現象」だと思います。

人間の放す負の重い想念の素粒子は、地球に間接的に影響を与える暗黒物質の67%を占める素粒子のひとつになり、暗黒物質とは、地球上の質量の67%以上を構成する可視物質です。その構成要素は、天体物理学者に取りましてはの最大の謎の一つですけれど、その暗黒物質を構成する要素が何かが、特定されて下りません。しかし、宇宙の叡智では、「不要エネルギーを持たないエネルギー基礎物質(残骸)の粒子」が27.6%、69.27%前後(本日の午前10時頃の測定値)が、「人間の放す負の想念の素粒子」等の漂いが暗黒物質(ダークマター)です。

しかし、素粒子の物理学者の間では、「エネルギーが殆ど無い思い粒子」までは突き止めて下ります。 地球に降り注ぐ暗黒物質の粒子を、どうにか捉えようと、研究が進められて下ります。宇宙の法則は、エネルギーの循環の法則です。意識のエネルギーは、純粋程高いエネルギーです。不純物が少ない望みの意識は、届き易いのが宇宙の法則です。しかし、ご自身が波動が高いベースがあると、不純物の無い意識に向いて行き易くなると思います。でも、高波動では無くても、負の意識に振り回されない方が大勢下ります。負の思いに振り回されない意識のご自身になるです。

宇宙は、波動が高い程、良い循環をもたらすシステムです。それは、望みの意識に不純物の要素が無い事、それに加えてご自身が波動が高い事はダブル効果になるのが、宇宙のエネルギーの循環です。

日本は、今後300年位掛けて、少しずつ気候が変化する

以前にも書きましたが、北海道は、年間気温が今よりも、少しずつ下降して行き寒さが厳しくなります。徳島県も以前よりも涼しくなる地域のひとつです。名古屋近辺が今よりも温暖になり、過ごしやすい場所に変化します。気候が徐々に変わる理由は、太陽系の地球の傾きに依る気候変化です。波動が高くても既にその流れの中の軌道上に在るのが地球ですけれど、暗黒物質を減らして行く事で、大きな被害をもたらす気象状況の50%は減少させて行く事が出来ます。

でも、人間は「人参をぶら下げないと波動を上昇出来ない」のでは有りません。

 

 

 

 

 

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP