より輝きのある未来へのサポートブログ

ツインソウルの出会いの有無に関わらず、「魂の願望に依存を克服して行く」が有る場合、カルマメイトが殆どの方に存在する

依存傾向・共依存の結び付き

共依存とは共に依存する意識が強い場合です。しかし、共依存や依存傾向は、ご自身では気が付かない場合が多いと思います。

依存が出来なくなると悲劇のヒロインになり易い

恋人同士でも、別れたいと思っても、依存体質の場合は、共依存者は相手から信頼を得ている様な時には、自己の存在価値を見出し易く、「私の存在が居なければだめな人」等と思い易く、お相手をご自身の思いが通るお相手として、心の安定を覚えます。

しかし、お相手がご自身に取って、不本意な扱い、思い通りにならない、奴隷の様にコントロールする場合は、「悲劇のヒロイン」と感じて行きます。その場合は、ご自身の心の叫びを外側に訴えて行き易くなります。しかし、訴えて行く事で何も解決する手段を取れない(取りずらい)のが、依存が強い場合です。しかし、「共依存」の場合は、お相手もあなたを自分の思い通りに従う事を求めて行きます。

  • 愛されること、頼りにされる事でご自身の存在価値を見出し易い。
  • 愛と依存の判断が付きにくい意識に向き易い。
  • お互いに相手の状況を変えようと思う事で、コントロールしようとする。
  • 物事に対して、広い視点に立ち、見て行く意識が薄くなり易い。
  • 物事に対して、断定して考え易くなる。
  • 男性の言う通りになり、自己犠牲の思いを抱く営みに向き易い。
  • 男性側は特に、行動で思いを表現し易い(DV、暴言等)。

但し、「度合い」にも依ります。

魂の願望の中に「依存を克服して行く事」が有る、霊的成長を成し遂げて行く場合には、「依存を克服して行く為のカルマメイト」が殆どの方に存在する

プラニングシートの計画案の深く関わり合いを持ちたい異性の主品格にカルマメイトの設定がされている場合は、お相手にもカルマメイトの設定がされて下ります。誤解の無い様に付け加えますが、依存体質だから、カルマメイトの設定がされているのでは有りません。カルマメイトの設定は、様々な理由でされて下ります。特に依存を克服する事が、今世の課題の方に対してのカルマメイトの説明になります。

しかし、カルマメイトの設定が無い場合も御座います。その場合でも、魂の願望の中に「依存を克服して行く事」が有る場合、霊的成長を成し遂げて行く場合には、「依存を克服して行く為のカルマメイト」が、約99.87%の方が出会う様になるのが、「依存の克服の為のカルマメイト」です。

その場合は、ツインソウルと出会いがもたらされなくても、魂の願望を叶えて行く事が今世の課題になりますので、依存を克服して行く為のカルマメイトとは、殆どの方が出会う様になります。

意外に多いのが、同類波長の法則上の繋がりに向いたツインソウル同士の繋がり

魂の願望が、依存を克服する事が刻み込まれている場合、そして霊的成長の目的の場合は、同類波長上の誓約を交わされたツインソウル同士が繋がり易くなる特徴が有ります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP