より輝きのある未来へのサポートブログ

金星の女神のスピリチュアルレッスン─ツインソウルとの出会いから、認識して行くと良い「自尊心」

「自尊心」は、言葉の意味を捉えるのが難しい

ツインソウルとの出会いは、霊的成長を成し遂げて行く為の大きな目的を立てられた人は、「ツインソウルとの出会いの計画」を概要目的としています。ツインソウルとの出会いでは、霊的な活動を行う意識をもたらす為に「覚醒」を促します。そこで、ご自身の中では「目覚めた」「スピリチュアルに目覚めた」「サイキック性が開いた」等の自己的感覚を感じられる方が多いと思います。実際には、「覚醒の促し」です。意識の領域を広げる為に共振を起こして行くと表現すると良いかもしれません。ソウルポイントにエネルギーを放射します。

霊的成長の中でのポイントのひとつは、自尊心です。自尊心とはどういうものなのかを自然と理解して行くのが、霊的成長のひとつです。しかし、自尊心を抱く事が余り出来ない意識は霊的成長を妨げます。ツインソウルに出会われた後は、一度自尊心について考えて見ると良いと思います。自尊心の欠如、または過剰は霊的成長を妨げます。

自己肯定感が伴うのが、自分を尊ぶ心です。自尊心は、外部評価から、ご自身の価値を測るのではありません。自分が自分自身をどの様に思うか?どの様に感じるか?が大きなポイントになるのが、自尊心の側面です。

そして、外部情報からご自身が感じられた「思い」「感情」は、外部が原因ではなく、「自分の中にその思いに触れる、または沸き起こった感情の原因がある」思いを抱く事も、自尊心の側面です。

何故、自己を尊ぶ思いを持ちながら、営んで行くのが人間なのでしょうか。日常の中で私達人間は、自我が芽生えた時から、自己選択しながら生活しています。

もし、あなたが、上司の命令で取引先に向う途中に、階段を急いで駆け上り、躓いて膝を強く打ち、腫れたとしても、あなたが結果的に打撲する迄のプロセスを、選択をしたのは自己と考えます。

その経験から、打撲しない様に注意を払う事を学びます。私達は、その様に経験を重ねて成長します。何故、気を付けるのでしょうか?でも、当たり前と思うかもしれません。打撲をしたいとは余り思いません。少し単純な例えかもしれませんけれど、気を付けて階段を昇ろうと思います。

しかし、「段差がもう少し低ければ、そうはならなかったのに」と外側が原因と結論付けしてしまうかもしれません。もしかすると「打撲で厄払い出来た」と考えるかもしれません。それも有るかもしれません。しかし、その思いは本当の原因が見出せていないと考え、自己内での原因を考えながら、副的な要素として考えて行くのが賢明です。


自尊心をまとめてみると

私達人間は、自我の芽生えから、自分の思いを実現する為に生きています。自分の思いに耳を傾けながら、自分自身の思いを打ち消す事をせず、自分自身で自分の声を聴いて、自分の思いを粗末に扱わない意識、その上で自己選択しながら歩んで行きます。

心の摩擦が生じた時は、自分の中の「何かの思い」に触れていると考えます。「何かの思い」とは、少し形を変えて行くと良い感情です。

心の摩擦を解消して行く為に、ご自身の心の思いを粗末に扱わないで、素直にその「形を変えて行くと良い感情」を見つける為に、耳を傾けて行く意識は、自分を大切、大事なものとして重んじる心の表れです。ご自身の核になる無償の愛に基づく心の表れにもなり、自尊心の側面です。心の摩擦は、ご自身をご自身で苦しめている事になり、心の摩擦は「ご自身を大切にしていない」に繋がります。

私は私

 自尊心は、独立した意識と心を持つ個のエネルギー体として、敬う思いを抱き、無条件に重んじていく思いを持つ自己愛が有る心です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP