より輝きのある未来へのサポートブログ

歴史─天照大神が埋まられた地域。/エネルギーワーク─放射エネルギーは施し方で効能量が増える。

以前に、天照は、現在の北海道の洞爺湖の南側の方の海辺の集落にて、誕生しました。その後は日本行脚をしながら、徳島県が人生を全うした地域ですと書かせて頂きました。

死後は、現在の福岡県に近い、今は沖ノ島と呼ばれている島に、御霊を仲間が奉納して、天照のお墓としようと意図した為です。しかし、亡くなった後は、淡路島の地の底に、仲間達が埋葬しました。淡路島は、ご両親の御霊を納めた土地になる為です。

埋葬した場所は、日本の始めの時になりますけれど、淡路島の地で、天照が眠っていると後世、に伝えられている所があるかもしれません。天照の埋葬場所は、現在は、ご両親の御霊が奉納されている神社とお寺の間の辺り、木が生い茂る場所とお寺の境界辺りです。

天照に関しては、男性ではなかったのでは?とお考えの方もいらっしゃいますけれど、「女性」です。何故、男性と言われる様になるのか?理由はよくわかりませんけれど、女と区別しなくても、日本の地に男神が存在していないので、創造時からのご計画によりますので、女を付ける必要がなかったのです。

無限大の高い次元層エネルギーは、同時に複数の方に手向けて行く時は、効能量が増幅する。

無限大の高い次元層のエネルギーは、複数同士に放射する事で、エネルギー量が増える特徴が御座いますけれど、宇宙のエネルギーの法則の叡智のひとつです。

例えば、528.07次元層のエネルギー放射を、「複数の方に」同時に施す場合は、100%の効能量が、108%前後の効能量となります。(レムリアの大天使の祈りなども同じ位の増幅量です。)成分投与的なエネルギーは、増幅が殆ど有りません。

「複数の方に同時に放射する事」で効能量が増える

ギャラクティックセンター波動放射(感情の解放用)は、一瞬で放射しますけれど、同時に複数の方に放射しますと、結果としましては「コンデション調整期間38日間」が、「42日間前後」の維持期間に延長します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
クリック応援どうぞ、よろしくお願いします!


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP