A.O.Eマサキタカコのアセンションブログ

ツインソウルと潜在能力の目覚めとハートチャクラでお相手を感じる仕組み

旧ブログからの転載に追記等しています。

ご質問をお受けしました。ありがとうございます。チャクラの活性化が及ぼす影響ですが、まずは、ツインソウルとチャクラの関係は、お相手の「ツインソウルを感じる」事に関係して下ります。ツインソウルと出会いますと、ベースチャクラの第1チャクラから、第6チャクラ迄の主軸となるチャクラの所謂 エネルギーセンサーが順番に活性化されて行きますが、何方も第5チャクラが活性化されている事を感じているかもしれません。第5チャクラは胸の辺りに在り、ハートチャクラと一般に言われています。ハートチャクラは、感情エネルギーのセンサーになりますので、一番感じて行き易いチャクラになります。敏感な方は、全てのチャクラの活性化されている事に気が付くかもしれません。特に男性側は、第7チャクラのクラウンチャクラが活性化されずらいのが男性です。

ツインソウル同士は、創造主のエネルギーの介入から、遠隔でもお互いを感じ取れる

第1チャクラ~第7チャクラの活性化は、お互いのエネルギーが交わる事と、遠距離でも共にお互いに意識を向けて行く時に起こる現象になりますが、これはいつもでは有りません。お互いのエネルギーをご自身の中に取り入れて下りますので、お相手のエネルギーが抜けて行く迄の間は、潜在能力の活性化がされ、そして同時に、不要な概念を感じずらくなり、意識の目覚めを促すのに最適な時です。この感覚は、何とも言えない高次元的な波動を感じる望洋感とも言えますが、逆に男性側が特に感じて行き易いものです。

その理由は、男性は、チャクラの活性化に依って第2チャクラの性チャクラが活性化される事は、本能を駆り立てる事に繋がりますので、出会いがもたらされてから、経験した事の無い感覚を覚えて行き、女性側依りも、「ツインソウルと言う意識」を持つ事が遅くなるとも言えます。お互いの第7チャクラの活性化は、個々に違いが有りますが、高次元の意識次元者になりますと、第7チャクラの近くの後ろ側が繋がりが拡張されますので、ツインソウルと言う認識し易くなりますが、第7チャクラの活性化は、あくまでも理論上になります。チャクラは、ご自身のストレスが溜まる事で不要思念が感情エネルギー体に蓄積されて行く事で、結果的にエネルギーセンサーのひとつになるチャクラの不活性化に向き易くなります。チャクラを綺麗にする事は、意識の上でクリアリングする事にも繋がり、ブループリントと呼ばれるプランニングシートの解放率をアップさせる事にも繋がり全体に影響を与えます。

話が飛びますけれど、意識の目覚めの時には、チャクラの活性化に依る潜在能力を引き出して行く作用をもたらしますが、潜在能力は、前向きな姿勢、躍動感を感じて行き、その上でのご自身の持つ能力を引きだたせて行くと言う「潜在能力の開花の目覚め」になります。しかし、その感覚からのチャクラの活性化の期間は3日~1週間が平均になります。そして、その時にはご自身は無限大の可能性を秘めていると感じて行くかもしれません。主が男性性の場合は、男性性としての成長段階の完成段階の「霊的な行動」と言う「精神性を高めた意識の躍進からの行動」に向う促しになります。

アセンションパートナーのツインソウルとの出会いに対しては、霊的成長を促すお相手として、アセンションパートナーの誓約を交わして下り、出会いの計画を生まれる前に立てられているお相手になりますので、創造主のエネルギーが霊的覚醒と言う「意識の目覚め」に向いた時から、離れていても、お互いを感じ取れる様に、お相手のツインソウルのエネルギーと言う波動を伝えて行きます。それが創造主のエネルギーです。そして、意識の目覚めから、意識の躍進が有る程度停滞している時、そしてエゴの高まりは意識の躍進とは逆方向に向いて行く場合には、そのシステムから外れて行く事になります。

そして、霊的な活動を推し進めていると創造主のエネルギーが判断した時、そして必要が無い段階になられた時には、感じ取る事が出来なくなります。そして、また必要になったと見なされた段階には、ツインソウルに対する意識を流す様なエネルギーを向けられます。これは、判り易い表現を用いていますけれど、プランニングシートの大きな目的に対して作用するのが、創造主のエネルギーになるからです。必要な無い段階とは、お互いの心の中に、お互いの中で、お相手に対して、理由が付けられない心の絆、を感じ取れた時等は必要が無いからです。そして、何事も個人差が生じますが、平均的な感覚を用いて書いていますので、何も感じた事が無い方もいらっしゃると思います。当てはまらないからと不安に感じ無くても良いと思います。それは、ご自身の中で意識の躍進の意識に向いていれば、今の人生の目的を目指している事になりますので、望みの方向に進んでいる事になるからです。

記載内容が飛び、まとまりがないと思いますが、何卒ご容赦下さい。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP