より輝きのある未来へのサポートブログ

日本人の特徴、前世が米国の転生は魂での学びが短く、記憶の蘇りは3前世前が多い

1前世前がアメリカの転生の方は、魂時点での学びの期間が短い

今現在、日本人として生まれている89%以上の方は、過去生での転生の地が、諸外国に生まれている方と大きく違いが有ります。1前世前に、アメリカの開拓時代を経験された方は多く、1前世前がアメリカの地に生まれている場合は、転生間隔が短いのが特徴です。日本的な表現を使いますと、霊界に居る期間が短いとなると思います。

それは、開拓する事は、霊的成長が高まりを覚えてる事から、次の転生迄の学びの期間が、平均60年程短くなる為です。1前世前がアメリカの地に転生された方の現在の年齢が、27.7歳~63.2歳の間の方の約16%程の方が、アメリカが1前世前となりますので、大災害等の経験から、不安の感情が潜在意識の奥底に根付いている場合も有ります。

日本人が一番多く転生している国はフランスです。フランスは、2~3度は転生している方が多く、フランスが全盛時代は、ジンのスピリットの付帯者が多く集まる国がフランスでした。次は、イタリアです。イタリアは、個の魂が生成されて、地殻変動後には、日本とイタリアの地が、ジンのスピリットの付帯者が多く集まる地でした。今現在は、日本とアメリカです。ジンのスピリットの付帯者が集まる国同士は、強力体制に向き易く、しかし物事には反面が有りますので、何かの出来事を切っ掛けに関係性に対しては、警戒心を常に抱く様になります。

その事を考えて行きますと、歴史は繰り返すと言う言葉が存在する様に、過去生と同じ流れに向き易いものです。しかし、現代は経済的な面に対して出易い時と言えます。それは、エネルギーの法則が厳密性を増しているからと言えますが、主要各国にジンの付帯者が集中しています。その動向に変化が見られると思います。しかし、日本人の気質は同調して行く意識が遺伝子に有り、その同調精神は、国を守りながら、他を理解して行く事で調和が保たれて行くのが無限大のエネルギーの法則です。

日本人の特徴は、過去生での記憶の蘇りは、3前世前が多い

日本人の特徴は、平均的に3前世前の影響を受け易く、その理由は、3前世前は西暦1113年から1200年位に3前世前になる方が多く、その時代は、内紛や領土問題が多く、その混乱した波動の流れの影響を受けて、集合意識全体が負の感情を抱き易い状況が原因です。今、日本人の場合は、負の思いから抜け出して行く時になり、無限大のエネルギーは、負の思いは4前世前で消化して行く促しのエネルギーを持ちます。無限大での大きな時の節目の前後は、その負の思いを焙り出して、消化して行く学びをする事を、転生前の学びにしています。

 

関連記事一覧

カテゴリー

最近の記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PAGE TOP